選挙なんて…ってその気持はすごく分かるけど行ってみよう



こんばんわ。

今日は一日バイトを休んで、自分のやることを勤しんでいました。

結果、バイトより疲れたw

何よりこう毎日雨続きでは鬱病が深刻化するとか、電車に飛び込んでしまう人が増えるだけのような気がする。いや水は大事だけど、一週間近く降り続くのはちょっとね。。

今日はこんな記事が面白かった。


相変わらずの口調で対談するpha氏w

でもこの相談者様もなんというか、せめて家族には理解されたいところですよね。。

本題は選挙なんだけど。。



みんなは選挙ってどうなんだろう…想像もつかないけど今はとりあえず投票率がかなり最悪らしいwまずは「確かになぁ」ってことが率直な感想。

そもそも社畜がデフォの日本では政治や歴史、国の行末なんて考える時間も興味も与えられない。現に僕は無職かフリーターの時は行ってたけどブラック正社員の時は一度もない。というかそれどころじゃなかった。

それに何というか、正直に言えば

『どこに投票してもこの国は良くならない』

これが多くの若者の断末魔なのではないか。

投票→そんなことなら自分の時間を確保する→え、むしろ選挙なんていくの?

これは選挙に行かない人をディスってるわけではない。僕もこのような考えは大いに理解するし、いやこの状況では理解せざるを得ないだろう。

事実、景気が良くなってる?

目に見えて何かが変わってる?



いやいや、

最低賃金と給与を上げろ!
休みを増やせ!
子育て支援を手厚くしろ!

ですよねw

でも僕はこのご時世何をしても変わらないって諦めの感情がありつつも、

何もしなければさらに深みに落ちてくだけじゃなかろうか

って思えてきたのです。

どうしたらよくなるか、それを工夫してゆくよりしょうがないじゃないか。よくなるとかならんというよりも、よくするほかに途(みち)がないことを認識すべきだ。


正にこの心境がよぎる。

どこの党に入れるかなんてのは個人の自由だけど、とりあえずまた行こうかなって思えてきた。というより今回は行くべきかなって。

そもそも選挙に興味がない時っていうのは忙しい他にも、興味のある人がいない時だったりする。そう考えると今回は興味ある党が出現したから行くきっかけになったんだろうなぁって。

宣伝活動みたいな感じになってしまうかもしれないが、僕は立憲民主党を推している。

もちろん演説は聞きに行けないし、枝野さんの顔は一見迫力にかけるけど…活動と公約が他とは打って変わってキレがある。

それにプロデュースや広報にも他にはない熱意を感じた。

まぁ公約もそうだけど何よりTwitterでまわってくる時点で若者の支持はあるんだろうなぁ(ちょっと安易w)

とはいえ実際はなってみないと本当のところは分からない。ただ現状のまま行けばミサイルは先送りされるかもしれないけど、おそらく国内の社会的弱者が悲鳴を上げだすだろう。

特に格差問題は確実に低所得者層を蝕みつつある。



僕も正社員から転げ落ちてからは高校生が買えるものでさえ買えないという有様だ。むしろ実家にいたころの大学時代のほうがよっぽど持て余していたくらいで…

年収はふつう右肩上がりで上がっていくものだけど、精神的な蝕みと同時に所得さえまともに確保できない時代が来ている。

まぁ多少尾ひれがついてるかもしれないけど、バブル時代の人に今の境地は分かられてたまるかと思う。

だって、仕事行く→毎月給与上がる→豪遊→結婚→マイホーム→車→子育て→豪遊・・・

これがレールのように敷かれていた時代の人に『ゆとり世代』とか簡単に言われてたまるかってw

だからさ、いよいよむさ苦しい既得権益者や老害たちには引退してもらって、ガチでこの国の行末考えてる人に一票を入れたいと思ったんだよね。


別にバブル時代なんて永遠に来なくていいし、豪遊ウェーイもまったくいらない。ただ、ふつうに暮らしていくだけの世界でいい。

それにお金をたくさん持ったから悩みが解決してハッピーって考えはおそらくないと思う。そういう人はきっと解決してもまた同じ悩みを抱えるんだろうなぁって。

物質的な豊かさは20世紀でカンストしてて、もうお金≒幸せという価値観は過去のものだ。現に僕は金に不遇なりとも死にたいほど不幸かというとそこまでではない。

人間は関わりさえあれば幸せを感じれるんだと思う。

お互いの生き方を否定しないコミュニティ
を見つけ(作って)てやりたいことをやる

それこそが一番の財産であり、金で作れるような薄汚いコネとは決定的に違うところだと思う。

話がいつも逸れてしまうんだけど、、選挙の記事を書いたのは今思ったことだから。

だるいし、行っても意味ない、そもそも一人の投票で何が変わる。

でも行こう。

そして、もう少しだけ、いやほんの僅かでも良い。何となく生きてて良かったと思えるような日本であってほしい。

それを微かに変えることができるのは、今生きている人たちなんだろうなって。

いや~何か気持ち悪い(笑)



自分が宗教家のような感じがしてきた…からもうこの辺で終わるけど最後にもう一度貼らせてくれ。この言葉には何度となく救われた気がするから。

どうしたらよくなるか、それを工夫してゆくよりしょうがないじゃないか。よくなるとかならんというよりも、よくするほかに途(みち)がないことを認識すべきだ。

お読み頂きありがとうございます。

PS:投票日は2017年10月22日

この記事に共感して頂けたら
いいね ! をぜひ!

Twitter で


宜しければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ありーゔぇでるち

新卒でブラック企業入社を皮切りに転職、倒産、結婚、離婚、開業等々、現在はインドカレー屋やりながらブログ書いたりしてます。相方と月収20万でミニマルな生活を計画中・・・>詳細はコチラ