東京のオフィス街にある飲食店は詰む可能性が高い



5ヶ月ぶりのブログです。

お決まりのたんまり溜まったWordPressの更新作業からスタート。

体調は良好で以前のような感情的な部分もある程度は落ち着いてきた。

コロナが始まってだいたいが躁鬱のようになってたので、2020年4月以降のブログは恐ろしく読めない。

まぁでも自分の人生はここからがスタートだって節目のときにいつもこういったトラブルが起きて、それについては長期的な精神疲労になってるに違いない。

答えはかんたんでドラゴン桜に同じく「勉強して東大行け」だ。


だけどもそんなことに今更気づいてももう遅いわけで、、あとはどう自分の人生にたいしてケジメをつけていくかという感じ。

とはいってもそんな堅苦しい縛りはなしで、ゆるくサスティナブルで牧歌的なライフを送りたい。

むしろ人生の目標はレールから外れた瞬間にそうと決まっていた。

個人事業の飲食店をやって3年が経った。

結果としては70点というところではっきり言って悪くない。

拘束時間にして収入はいい。

以前、20代前半のころ、ロバートキヨサキ(金持ち父さんというと響きが怪しいので)の本を熟読した時期があった。

ちょうど無職だったのでその期間はビジネス書を中心にいろいろ読んだものだが。

ロバートキヨサキの物語のなかに自営業飲食店夫婦の顛末が描かれてる部分がある。

キャッシュフロー・クワドラント

https://cashflowgame101.com/cash_flow_quadrant_youyaku/より転載

この図でいうとSタイプの属性だ。

曰く、確かに働くだけ稼げるという点においては、E(従業員)よりベネフィットは大きい。

ある程度自由で融通も利く。

それはこの3年間で実感した。

だけどそれは30代の平均年収と比べた現状の話であり、これ以上稼ぐなら販路を拡大しなければ頭打ちだ。

それに図に書いてあるとおり、基本的には事業主が属人化することでしか成立できない。

つまり、なにかあっても会社のように欠勤できないし保険や補償の類が一切ない。

自分以外にその仕事ができないというのは、どことなく特別なことだと感じるかもしれないけど、はっきり言うとデメリットでしかない。

病気をした途端に収入が絶たれる(テナント借りてたらマイナス)というのはリスキーすぎる。

まとめ

メリット→働いた分だけ稼げる・融通が利く

デメリット→属人化・保険なし・病気で詰む




ここまで書いたことはあくまでコロナ前までの話であり、今はどうなったのかというとメリットの部分がごっそり消えつつある。

これは去年の5月にも似たような記事を書いてるわけだが。。

やはり予想が的中してしまった。

今の収入は店の維持、最低限の生活費を捻出するのが関の山で、協力金がなければ成り立たない。

そして協力金はオリンピック以降はおそらく支給されないだろう。

オリンピックのお祭りムードの役割を果たす、それが飲食店で都の財政も厳しい状況だ。

終われば用済みとする可能性は高い。

少しでも売上をあげる方法があるとすればそれは営業日時を増やすことだが、休みなく遅くまで稼働してもその費用対効果が悪いのは目に見えている。

特に夜の営業は絶望的だろう。そもそも人がいないのだから。

稼げなくなった都心というのは、住みづらさとコストだけがかさんでデメリットしか残らない。

神田で商売をしてて思う絶望的な問題は、ここがオフィス街であることだ。

体感としてコロナ前より人が3分1以下に減少している。

出社日が重なったであろう日でも以前のような人気はない。

コロナというウイルス的な驚異よりも、それに付随して拡大してるリモートワークに大打撃を受けている。

出社というトリガーでランチ(外食)が発生する一連のフローが消滅しつつある。

しかもオフィス街では、デリバリーの配達範囲内に住宅地という住宅地がないので驚くほど鳴らないわけで。

そもそもオフィス街に根ざす店は「出社前提」のサラリーマンが主な顧客だったが、それがコロナの影響で人類史上初の「出社しなくていい」という天変地異が起きてしまった。

一度、人はできることを確信するともう元の不便な生活には戻れない。

企業も等しく高いテナント料や従業員の交通費を払う必要がないとわかる。

つまり、ここから先はリモートワークに切り替えていく企業の比率がどれだけ増えていくか、によって商売の生死が関わってくる。

観光業界はワクチン接種率の上昇とともに回復していくのが明白だが、リモートワークが元の通勤に戻る可能性は極めて低い。

先に述べたようにさしあたり戻すメリットがない。

とはいえ、テクノロジーの進化によってリモートが可能な環境自体は十数年前からあったので、それがコロナをきっかけに爆発的に普及しただけにすぎない。

コロナがなくてもいずれ20年後?くらいには浸透してたかもしれないけど、それがまさかここ1・2年で劇的に変化するとは誰しもが思わなかったはずだ。

自分も会社員時代は夢のように望んでいた在宅ワークだが、当時の会社の上層部の意向をみてればそれが向こう数十年かなわないことがよくわかった。

なんせコロナ前までは是が非でも出社オンリーをゴリ推してたのが日系企業だからだ。

ただ、もう今は会社員ではない。

むしろ会社員相手に商売をしだしたらまさかのリモートワークになってしまったという引きの強さだ。

それにロバートキヨサキの物語に出てくる飲食店夫婦の末路もずいぶんと悲惨だったが、うちはそれより酷いかもしれない。

自分の話にはなってしまうが、両親は365日朝から晩まで働くような生活をした結果、父は病気で倒れ再起不能、母は100歳近い高齢の祖母と病気の父、無職の兄の面倒を一手に引き受けている。

そして今まで納めてた家賃を換算すると1億を優に超えて、むしろそのビル丸ごと買ってもお釣りが出る金額に達している。

そうまでして働いたのにも関わらず実家の資産は愚か、預貯金もほぼないに等しい。

だから母は未だに店で働かざるを得ない生活を送っている。

もちろん計画性もなく帳簿も見たことない両親にとっては、まさかこれだけ働いてたのに老後に金欠に藻掻くとは夢にも思わなかっただろう。

けれど悲しくもそれが現実なのだ。

ロバートの物語は実に当たっていた。

ひとえに働くといっても働き方、稼ぎ方を考えないとこういった詰む事態が発生する。

まとめ

オフィス街の飲食店はリモートワークの普及率によって明暗がわかれる

自営飲食が困窮に陥りがちなのはお金の勉強不足が原因




ここまでですべての原因がなんであったのかが容易にわかる。

あとはそれを繰り返さないためにはどうしたらいいかという問題だ。

第一に都心の高い家賃はもはや捨て金でしかないので、撤退すべきだということ。

本来、建物や土地の価値というのは収益性や利便性で決まるもので、地価が上昇すれば家賃も上がるわけだが、コロナによって失われた収益性の低下が反映されないというのはどうみても無理がある。

店子だけがその割を食う必要はまったくないだろう。

そしてもう賃貸でのこういった商売はやらず、住居兼店舗を購入してしまったほうがいい。

どのみちに定住するには家が必要だし、居住用と店のローンは一元管理するに越したことはない。

万が一こういった未曾有の事態になったとしても、都内でなければ住宅ローンで高額な返済に追われることもない。

今は収入があろうがなかろうが、住居と店で一月に50万以上の支払い義務がある。

これはかなりのプレッシャーで、寝ても覚めても今月は大丈夫かなという不安がつきまとう。

その証拠にここ数年は病気にならなかった(なれなかった)し仮病のズル休みもできない…(笑)

精神衛生上、最悪である。

固定収入ならいざしれず変動収入でここまでの固定支出を負ってしまうと文字のごとくラットレースになってしまう。

まぁ店舗付き住居に関しては次の更新までに解決していけばいいのであと2年の猶予はある。

今の店は地区の行政サービスを受けるだけ受けて撤退だろう。

こうまで知りながら今まで踏ん張ったのは、この店がなくなれば実家の家族が困窮すると思っていたからだ。

母はもう年齢制限で他に稼ぐあてはない。

国民年金8万のみで家族4人、、どうみても生活保護いきだ。



一方で家には働き盛りの兄が無職のままそれに甘えていて、その負担分は結果として店の収入から出ている。

だから母には自分と同等の賃金を払ってるわけだが、そもそもその理屈自体おかしいだろう。

大家族と独身という違いだけで給与が変わるならみんなビッグダディになっている。

それにこれはどこの企業にもあるお家騒動だけど、揉める原因はだいたい2つしかなくて

  • 親が新しい価値観を受け入れない
  • 子が無能

この何れかでしかない。

自分が有能とは言えないまでも、少なくとも親の縛りがあるなかで、店の評価が上がり売上を2倍近くまで押し上げたのは単純に偉いと思っている。

それくらいに努力したのは間違いないが、ただ身内は頑なにそれを評価しないし賞与さえ出さない。

こればかりはきちんと評価される企業で発揮すればよかったと本当に思っている。

だから家族経営に極力関わらないほうが良い。人間が擦れていきます。

これからは自分たちの生活を第一に考えて生きていく。

人生は短いのだ。

まとめ

家族ガチャは大事

家族経営はやらないほうがいい

この記事に共感して頂けたら
いいね ! をぜひ!

Twitter で


宜しければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新卒でブラック企業入社を皮切りに転職、倒産、結婚、離婚、開業等々、現在は都内で飲食店やりながらブログ書いたりしてます。相方と月収20万でミニマルな生活を計画中・・・>詳細はコチラ